本文へジャンプ

神戸中ロータリークラブって?

台湾との交流 その2

台湾との交流 その2

午前8時30分から馬場主事(大阪YMCA)、游主事(大阪YMCAに出向経験あり)、偕主事(文山ブランチ所長)、12時過ぎより李信福総主事も合流して懇談した。台北のスタッフから救援活動はどのように遂行すべきかの質問されたので、救援も事業活動もプログラムの立案、実施においては何ら代わりはない。まず情報収集、ニーズの把握、プログラムの立案、実施、そしてマネージメント、良いプログラムディレクターは良い救援プログラムディレクターになれることを強調し、台中YMCAのスタッフにも言ったように、
 1.YMCAが救援本部を設置すれば、「ボランティア・救援物資・義援金」は必ず集まる。なぜなら、YMCAは世界一歴史と信頼のある国際奉仕団体である。私はマスコミに、YMCAはいつからボランティア活動を始めたか聞かれたら、必ず150年前からと答えていた。YMCAのスタッフとしての自覚と誇りを持って欲しい。
 2.世界NO1の国際奉仕団体YMCAの信頼によって、YMCAとワイズだけではなくロータリー・JC・商工会議所等々、現在の数倍、数十倍の規模支援が世界中から集まる。

もっと詳しく見る

活動内容に戻る

このページのトップに戻る